土壌調査とは何か

敷地内の特定有害物質を調査

2003年の土壌汚染対策法の施行により、
敷地内の特定有害物質に指定されたものの有無を調査する義務が発生しています。

これは国民の健康を害する恐れのあるこれらを、
土壌汚染対策に努めることが明記されていますが、
これを義務化しているパターンは3つあります。

何らかの理由で使用を廃止した有害物質使用特定施設の
工場や事業者などにおいて水質汚濁を懸念される時。

そして土壌汚染の恐れがある土地の形質が行われる場合の
一定規模(3000平方メートル)以上の土地の形質変更時に、
都道府県知事への届け出と、土地地歴から土壌汚染の疑いが高いとされた場合。

さらに土壌汚染が健康被害をもたらす恐れがあると都道府県が認めた土地などとなっています。

これらの調査で測定されるものは、
特定有害物質に指定されたもので、著しい人体被害を引き起こしかねない物質になっていて、
まさに土壌調査は国民の安全と健康を担保するには
必須と言える調査になっていて、昨今非常に注目されています。

 

21088b71716d5e4bc9a805766415f9d6_s

 

 

不特定多数が出入りすることで

なぜ土壌調査をするのかは、
特定有害物質が人体へ危害を加える恐れがあるからですが、
そこに不特定の人物が出入りすることへの懸念からはじまっています。

汚染された土壌に直接触れることや汚染水を引用することが
波及する大きな間接的リスクを排除するのが目的です。

そして土壌調査で発覚した汚染物質は、浄化するのではなく、
覆土、舗装、封じ込めなどの措置を行う事でリスク低減を目指すものです。

土壌汚染の対象にされる基準は、
土壌有毒基準や土壌溶出量基準などを元に判定され、
これらを元に汚染評価をはじき出し、
国民の安全に大きく貢献しているのです。

法律的にしめされる条件に該当する調査に始まり、
マンション開発や民家における不動産売買時の売り主、
買い主の自主的土壌調査、融資、鑑定評価における不動産評価の調査、
不動産の流動化やM&Aなどによるデュデリジエンスの
一環として行われるなど、土壌調査に期待されるものは多く、
緻密な調査の元にはじき出される安全性を示せるのです。